マンション管理会社は物件を管理する会社だが

マンション管理会社は日本でいうマンション、つまり集合住宅の物件を管理する会社となります。この集合住宅の物件管理ではエレベーターや共用部分の照明器具や外壁や浄化槽など建物の日常点検、共用部分の清掃、住民間のトラブル仲介解決など多岐にわたります。この管理会社は分譲物件の場合、住民の代表である管理組合が管理会社を決めて依頼をすることが法律で義務化されています。この管理会社は複数の会社がありますが、会社によって対応力が異なります。そのため対応のいい会社もあればよくない会社があるなど様々となります。対応のよくない会社を選んで任せっぱなしにしてしまうと、ずさんな対応ばかりでなく余計な管理料を取られてしまいかねない場合もありますし、実際にそれでもめている事例もあります。そのため管理組合は普段から自分たちでできる範囲の管理把握をする必要があります。なおこの管理会社への依頼費用は毎月住民たちが支払う管理料から賄われることになります。

マンション管理会社はとても大切です

マンションを選ぶとき、マンション管理会社を重視して選ぶといいでしょう。それほど管理会社は大切です。マンション管理会社がしっかりしているとそのマンションは価値が上がります。しっかりしているところだと住人同士の問題も少ないです。管理もしっかりされているので、マンション自体も綺麗に手入れされています。マンションの質が良いと住人の質も自然と高くなります。良いマンションは買うときも値段が高いです。でも将来売るときも高値で売れる可能性が高いです。今は中古マンションがたくさん溢れています。なかなか買い手がつかない中古マンションがたくさんあります。買い手がつかないととても困ります。だから将来のことを考えて、買い手がつきやすいマンションを購入することが重要です。そのためにはマンション管理会社の選定が大切です。

マンション管理会社は定期的に変えると良い

収益物件を1棟買いした場合には、前所有者が使用していた管理会社を使うことも出来ます。しかし、遠隔地で初めての地域なために知っている管理会社に依頼出来ない場合を除き、変更を行なうと良いでしょう。とりわけ、収益物件を建設した会社とグループ会社の場合には、管理費の使われ方に問題があり、前所有者が匙を投げた可能性があるからです。既に実績があるマンション管理会社へ切り替えることで、空室率を引き下げる効果があることはあまり知られていません。管理会社の役割として、入居者のクレーム対応をいかに適切に対処出来るかにかかっています。入居者の大半が不満を持っている状態では、次回契約更新をしてもらえず高い広告費を不動産へ払って入居者を募集することになりかねません。マンション管理会社の良し悪しで、収益物件の利回りに大きく影響するほど大切な役割を持っていることを知っておきたいです。